全身の疾患と歯周病

歯周病は全身にも悪影響を与えています

「歯ぐきの腫れ」「出血」などからはじまる歯周病は、悪化すると歯を支えている顎の骨を溶かし、歯を抜け落ちさせてしまうこともある病気です。しかしその悪影響はお口の中だけに留まらず、全身にも及ぶことがあるのです。

こちらでは、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックが、歯周病と全身の疾患との関係についてくわしくご紹介します。

歯周病が大病を招く?~歯周病治療の重要性~

歯周病菌はお口の中から血管や気管などを通じて全身をめぐり、から心臓、肺、子宮など、全身のあちこちに到達し、さまざまな病気を引き起こすことがあります。中には脳梗塞や心臓病、肺炎など、命にもかかわる大病を招くこともあるのです。

つまり歯周病治療とは、歯だけでなく、命を守るための治療でもあるのです。たかが「歯ぐきの腫れ」では済まない歯周病。ご自分のために、積極的に予防・治療に取り組みましょう。

歯周病が引き起こす病気

【脳梗塞(のうこうそく)】
重度の歯周病を患っていると、歯周病でない方と比べて脳梗塞になる確率が高まるといわれています。

血液

【歯原性菌血症(しげんせいきんけつしょう)】
炎症を起こした歯ぐきが歯磨きの際などに傷つき、そこから歯周病菌を含む口腔内細菌が血液中に入り込む現象です。

【敗血症(はいけつしょう)】
血管に入り込んだ細菌が全身におよび、放置するとショックや多臓器不全などの原因になります。

【糖尿病】
歯周病によって出される毒素が血管に入りこみ、インスリン機能を低下させて、糖尿病を悪化させることがあります。また糖尿病にかかっていると、歯周病を悪化させることもあります。

【動脈硬化症】
動脈が狭まり、栄養や酸素が行きわたらなくなって、心筋梗塞や脳梗塞を起こすことがあります。

心臓

【細菌性心内膜炎】
心臓弁やその周辺に歯周病菌が付着し、繁殖して起きる感染症です。

【狭心症】【心筋梗塞】
動脈硬化の影響によって血流が不足し、心筋が酸素不足になって起こります。

【誤嚥性(ごえんせい)肺炎】
誤嚥によって、歯周病菌が肺の中に入り込むと肺炎を引き起こすことがあります。歯周病にかかっていると免疫力も落ちるため、よりリスクが高まるといえます。

子宮

【早産】【低体重児出産】
歯周病菌が血液を通じて子宮に伝わると、胎児の成長を阻害するうえに、子宮の筋肉を収縮させ、早産や低体重児出産を招くことがあります。

消化器

【胃炎】【胃潰瘍】【胃がん】
歯周病菌は、胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になる可能性があるさまざまな抗原(人体を異物侵入から守る免疫反応を起こす物質の総称)を持っており、その免疫反応によって全身にも炎症を招くことがあります。

その他

【がん】
歯周病歴のある方は、ない方に比べてがんのリスクが高いといわれています。肺や腎臓、脾臓、血液のがんを患う可能性が指摘されています。

【歯性病巣感染症】
歯の部分に慢性疾患があることで、別の臓器に二次的な疾患が発生することをいいます。上の糖尿病や敗血症、細菌性心膜炎などのほかに、リウマチ性関節炎や亜急性(あきゅうせい)心膜炎、皮膚炎、循環器障害なども挙げられています。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007