入れ歯・ブリッジ治療

今の入れ歯にガマンしていませんか?

入れ歯がいたい」「咬みにくい」「すぐにはずれる」……こんなことでお悩みではありませんか? それでも、「入れ歯はこんなもの」とガマンしてしまっている方も多いようです。しかし、入れ歯のつくり方、調整の仕方によっては、こういったお悩みを解決することも可能です。

長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックでは、一人ひとりのお悩みをじっくり伺い、お口の中の状態に合った快適な入れ歯づくりをサポートしています。もうガマンしないでください。当院で「咬める入れ歯」をつくりましょう。

なぜ入れ歯は合わなくなる?

「はじめはこんなにいたくなかったはず」……。入れ歯は、つかっているうちにだんだん合わなくなってしまうことがあります。なぜなら、お口の中は体と同じくやせることがあるなど、少しずつ変化しているからです。

つまり、入れ歯にもときどきチェックが必要です。合わなくなった部分を確認し、調整することでまた快適に使えることもあります。不具合をガマンせず、お気軽にご相談ください。

お手入れのポイント

入れ歯をよい状態で使い続けるには、日ごろのお手入れが重要になります。お手入れのポイントは次のとおりです。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯は、保険適用のものと自費診療になるものがあります。その違いは次のとおりです。

  保険入れ歯 自費入れ歯
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 製作期間が短い(1ヶ月程度)
  • 修理がしやすい
  • 使用できる素材、様式に制限がなく、咬み心地や見た目などを好きなだけ追求できる
  • 金属の床を選べば、薄く軽くつくれ、装着感がよくなり食べ物の温度も感じやすい
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 使用できる素材がかぎられている(床はレジンのみ)
  • 部分入れ歯は金属のバネがあるものになり目立つ
  • 床が厚く、使用感に劣る
  • 入れ歯だとわかりやすい
  • 咬み心地も比較的劣る
  • 耐久性が低い
  • 形状によっては修理できないものもある
  • 製作期間が長い(2~3ヶ月かかるものもある)
  • 費用が高額になる

当院の取り扱い入れ歯

保険入れ歯
レジン床

床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。総入れ歯・部分入れ歯があります。

メリット
  • 費用を抑えられる
  • 短期間で製作が可能
  • 修理や調整がしやすい
デメリット
  • 床が厚く、使用感や咬み心地は比較的劣る
  • 耐久性が低い
自費入れ歯
ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない部分入れ歯です。歯ぐきに当たる部分はやわらかいシリコン素材でできています。

メリット
  • バネがなく、見た目が自然
  • 弾力性があり、吸着力・フィット感がよい
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 経年によって変色することがある
  • 激しい温度変化に弱い
  • 食べ物の温度は感じにくい
マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の内側に磁石を埋め込み、強力な磁力で固定する入れ歯です。

メリット
  • まわりの歯に負担をかけにくい
  • 見た目が自然
  • ずれにくく咬み心地がよい
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 磁石を埋め込めるのは、神経を取った歯のみ
  • 金属アレルギーのリスクがある
金属床

床部分が金属でつくられた入れ歯です。

メリット
  • 床が薄く、軽い
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れが付きにくい
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
チタン床

金属床義歯の一つです。床部分がチタンでつくられています。

メリット
  • 金属床の中でも、もっとも床が薄く軽い
  • 金属アレルギーのリスクが少ない
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れが付きにくい
デメリット
  • 金属床の中でも比較的高額になる
インプラントオーバーデンチャー

2~6本のインプラントを顎の骨に埋め込み、それを支台にして固定する入れ歯です。

メリット
  • しっかり固定され、外れにくく咬みやすい
  • 見た目が自然
  • 取り外せるため、お手入れしやすい
デメリット
  • インプラントを埋め込む手術が必要
  • 顎の骨の状態によっては適用できない
  • 比較的費用が高額になる
BPSデンチャー(吸着義歯)

歯科技工士との連携のもとで製作する、完全オーダーメイドの入れ歯です。複数回にわたって歯型を採取するほか、咬み合わせや顎の動きなどの詳細なデータを収集し、一人ひとりのお口にぴったりと合うものを製作します。当院院長は、BPSクリニカルドクター(認定医)です。

メリット
  • 咬み心地に優れている
  • 装着感がよく、外れにくい
デメリット
  • 比較的費用が高額になる

入れ歯とブリッジ、インプラントとの比較

失った歯の機能を回復させる治療には、入れ歯のほかにもブリッジインプラントがあります。これらを比較してみましょう。

  入れ歯 ブリッジ インプラント



歯を失った本数に合わせて、総入れ歯・部分入れ歯を製作します。保険適用・自費診療のものがあります。 失った歯の両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を装着します。 歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せます。



  • 保険適用のものもあり、比較的費用を抑えられる
  • 治療期間が比較的短い
  • 多くの症例に適応できる
  • 装着の違和感が少ない
  • 保険が適用できるものもある
  • 咬み心地、見た目がとても自然
  • 硬い物もしっかり咬める
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーのリスクがほとんどない




  • 見た目が目立ちやすい
  • 咬み心地や装着感は劣る
  • 部分入れ歯のバネをかける歯などに負担がかかる
  • 毎日お手入れが必要
  • 定期的な調整が必要
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支台となる歯に負担をかけ、将来的に寿命を縮めてしまうことがある
  • 費用が高額になる
  • 外科手術が必要
  • 顎の骨の状態や全身疾患の有無などによって、適応できないケースがある
「パチッとはまる入れ歯」のご提案

近年、入れ歯の「ずれる」「はずれる」「もたつく」といったお悩みを解消する、「パチッとはまる入れ歯」が人気です。

まず1~2本のインプラントを埋め込み、入れ歯の内側にスナップアタッチメントを装着して、パチッと装着するというしくみのものです。少ないインプラントで総入れ歯をしっかり固定できるため、比較的費用を抑えられるというメリットもあります。「パチッとはまる入れ歯」で、毎日の食事を楽しみませんか?

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007