歯周病治療

歯周病から歯を守るために

歯周病の代表的な初期症状には「歯ぐきの腫れ」「出血」がありますが、進行すればそれだけではすみません。歯周病菌が歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていき、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

歯周病治療は早めが肝心です。少しでも気になる症状があれば、長野県佐久市の歯医者、ももい歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。

日本人の80%が歯周病!?

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられています。実に日本人の成人の約8割が「歯周病患者」もしくは「歯周病患者の予備軍」といわれているほど、誰もがかかる可能性がある病気なのです。

また歯周病は「沈黙の病気」といわれるほど、初期症状に気づきにくいとう特徴があります。歯医者に行ったときには、すでにかなり進行していた……ということにならないよう、自覚症状がなくても検診を受けることをおすすめします。

あなたは大丈夫?~歯周病セルフチェックシート~

次の項目に当てはまるものがあれば、歯周病のリスクが高いといえます。一度チェックしてみませんか?

朝起きたとき、口の中がネバついている
歯磨きすると出血することがある
歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
歯ぐきが赤く腫れている、もしくは赤紫色になっている
歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える
硬いものを咬むといたむ
歯ぐきがムズムズする
口臭が強くなった気がする
歯ぐきから膿が出ている
歯を指で押すとグラグラする

歯周病の進行段階と治療

歯周病は初期のものを歯周炎、それ以降を歯周病といいます。

軽度歯周病(歯周炎)

歯ぐきに軽く炎症が起き、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が少し深くなります。いたみはまだありませんが、歯磨きすると出血することがあります。


【歯磨き指導】
毎日の正しい歯磨きが、歯周病治療の基本となります。一人ひとりのお口の状態に合ったみがき方を指導します。

【スケーリング】
プラーク(歯垢)が硬くなってできた歯石は、細菌の塊。スケーラーという器具を使って、残らず取り除きます。

中等度歯周病

歯周ポケットが深くなり、歯を支えている顎の骨が溶かされはじめています。歯ぐきの腫れや出血が増し、歯が少しグラついたり、浮いているような感覚が現れたりします。


【ルートプレーニング】
歯周ポケットの内部にこびりついたプラークや歯石を、キュレットという器具を使って、徹底的に取り除きます。最後に歯根面をなめらかに整え、汚れの再付着を防ぎます。

重度歯周病

歯周ポケットがさらに深くなり、顎の骨が大きく溶かされて、歯はグラグラします。歯ぐきから膿が出て口臭も強くなり、このままでは歯は抜け落ちてしまいます。


【フラップ手術】
歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くにこびりついたプラークや歯石を取り除きます。同時に感染した歯肉組織も取り除き、最後に歯ぐきを縫合します。

歯周病と全身の疾患には深い関係があります

歯周病は大切な歯を奪うだけでなく、全身の疾患とも深い関係があります。たとえば糖尿病や心臓疾患、また誤嚥性(ごえんせい)肺炎や早産、低体重児出産などさまざまな疾患を招いてしまうのです。つまり歯周病治療は、歯を守るだけでなく、全身の健康のためにも重要な治療なのです。

36.266793507978626,138.49652081481938

ももい歯科クリニック

36.2666032,138.49592000000007